身体の健康

Pocket

健康づくり

健康づくり(Health promotion)は、世界保健機関の提唱する、人々が健康を管理し、より健康にすごせる可能性を模索する方法である。

アメリカ合衆国では、健康づくりはより狭義に「適正な健康状態の獲得を目的とした、生活様式の改変を支援する科学と技術」であると考えられている。

世界保健機関による健康づくりの定義は、健康づくりの精神と意義を巧みに表現している。健康づくりには、健康づくりと生活様式・生活環境の改善とを、一元化した発想が必要である。

健康づくりは、人々と環境との仲介的戦略を採用し、また健全な未来に向けて、個人の選択と社会的義務を統合する。(Wikipedia)

日本人に多い死因

がん、心疾患、脳血管疾患は日本人の三大疾患といわれています。

全死因(平成19年)1,108,334人(100.0%)の内訳を以下に示します。

+がん 336,468人(30.4%)
+心疾患 175,539人(15.8%)
+脳血管疾患 127,041人(11.5%)
+肺炎 110,159人(9.9%)
+不慮の事故 37,966人(3.4%)
+自殺 30,827人(2.8%)
+老衰 30,734人(2.8%)
+腎不全 21,632人(2.0%)
+肝疾患 16,195人(1.5%)
+慢性閉塞性肺疾患 14,907人(1.3%)

コメントは受け付けていません。