がんと健康をメインテーマに、心・身体・経済的健康、写真、ゴルフ、石川遼、ダイエット、ショッピング、アフィリエイトなど、興味に任せて作成中です。

srate

がん生存率

全国の国公立のがん専門病院でつくる「全国がん(成人病)センター協議会」(全がん協、31施設加盟)が2012年10月23日付で、01~03年に加盟施設の患者だった人の治療開始から5年後の生存率を、5癌腫ごとに分析し、同意を得た28施設別に公開した。

施設間の差は肺がんで最も大きく、33ポイント。最少は乳がんで9ポイント。

施設ごとの生存率公表は07、08年に次いで3回目で、公表した施設数は、乳がん25、大腸がん24、肺がん24、胃がん23、子宮頸(けい)がん16で、前回より延べ28施設増えた。

全加盟施設で97~04年にがんと診断された24万症例をデータベース化して、30以上の部位や進行度、性別ごとに生存率を検索できる「KapWeb(カップウェブ)」も公開した。

「KapWeb」は、全がん協ホームページから閲覧できます。
KapWeb(カップウェブ)

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional